公益社団法人全国開拓振興協会の講演会開催、海外研修事業、全国開拓青年女性研修会・全国開拓代表者大会、開拓営農振興事業を紹介しています。

お問い合わせ

03-3586-5843

開拓記念碑調査事業

検索したいキーワードを入力してください。

北海道・東北地方

宮城県

宮城県大崎市鳴子・上原開拓

拓魂碑と畜魂碑
宮城県の北西部、上原(うわはら)開拓地は、大崎市の(旧)鳴子町・岩出町、栗原市の(旧)一白町・花山村の4地区にまたがっている。同開拓地は、軍馬を育成する「陸軍軍馬補充部」の跡地が中心だった。1946(昭和21)~48年、緊急開拓事業により外地引揚者102戸が入植し、地元増反者や元・軍馬補充部従業員を加え、計229戸の大開拓地となった。
奥羽山系に連なる標高約300㍍の高台地。原野、山林を鍬による手起こしで開墾した。火山灰土壌で酸性吸収度高く、土地生産性が低い土質だった。高冷開拓地のため、度重なる苦難があった。ようやく開墾が進み、食糧増産に励んだが、53~57年の冷害で大きく挫折した。
それを機に、主穀経営から酪農経営への転換を目標とした。国の振興対策などで次第に発展。現在、県を代表する酪農専業地域となっている。
上原開拓農協(75年解散)の事務所は鳴子町にあった。開拓記念碑が、入植35周年の83(昭和58)年に建立された。碑銘は「拓碑」で、碑文は「雲が流れる 緑が広がる 三十五年の労苦を経て 今上原は逞しく生きる」となっている。すぐ近くに、畜魂碑も建立されている。

ここの情報を掲載した「開拓情報」

11月:宮城・鳴子

上原開拓
開拓記念碑 拓魂
宮城県知事 山本壮一郎 書
昭和五十八年三月吉日建之

(碑文)
雲が流れる
緑が広がる
三十五年の労苦を経て
今上原は逞しく生きる
文 鳴子町長 寺坂二男

山形県

山形県金山町開拓

アクセス

拓魂不滅
山形県には、45(昭和20)年~47年だけでも引揚者、戦災者ら約3300戸が入植した。北東部の最上郡金山町(かねやままち)長野開拓地には、47年に満州開拓団の引揚者22戸が入植し、再び開拓に打ち込んだ。
標高150㍍の丘陵地で、強酸性土壌だった。根雪期間が長い地区でもあった。入植者は当初、仮設施設で共同生活を営み、開墾を始めた。豆類、バレイショ、ソバなどの栽培に取り組んだ。
やがて開墾が進み、住宅も建ち、53年にはようやく電気が導入された。しかし、53~55年、3年連続で冷害などの自然災害に襲われ、大打撃を受けた。それでも開拓者は希望を失わず、営農を定着させた。
現在、営農を行っているのは11戸となったが、畑作や葉タバコ栽培などで、農産物を安定的に生産している。
77(昭和52)年、町内四つの開拓組合(計41戸)の開拓記念碑が建立された。碑銘は「拓魂不滅」で、困難を乗り越えた開拓の歴史のシンボルとなっている。裏には、まず「金山町開拓事業完了記念」とあり、歴代組合長と入植者の氏名が刻まれている。
山形県は、長野県に次ぐ満州移民送出県だった。金山町には、戦時中、16~19歳の青少年を開拓民として送り出す「満蒙開拓青少年義勇軍」の訓練農場があった。その跡地に、教室・寄宿舎として使われた「日輪舎(にちりんしゃ)」が現存している。円形で屋根は円錐形の独特な木造建物。2階建てで大きく、最大80人収容できた。現在は、イベント会場や体験農場の場となっている。

ここの情報を掲載した「開拓情報」

8月:山形・金山町

長野地区記念碑
①位 置 最上郡金山町朴山(38°53'01.1"N 140°17'18.8"E)
②設置者 金山町農業協同組合
③設置日 昭和53年5月
④碑文表 拓魂不滅 山形県議会議員 岸田一郎
⑤碑文裏 金山町開拓事業完了記念 歴代組合長、入植者氏名
⑥当該地区の沿革等(金山町広報紙584号2011年8月より抜粋引用)

昭和二十二年に満州開拓団からの引揚者で、西村山郡出身者を 始めとする方々が入植し、この地を開拓した。
当初は、入植者全員が「食・住」を共にし、仮屋の建設に始まり、昭和二十八年にようやく農地の整備が一段落したが、当時三年続いた冷害と干害により大凶作に見舞われ、住民を苦しめた。
また、酸性度が強い地質のため、堆肥などの投入により土壌改 良を余儀なくされたが、努力の結果、葉タバコ栽培や養蚕に取り組み、安定した農業経営の出来る耕地を作ることが出来た。
そして、昭和四十四年に開田事業により、稲作を中心とした農 業経営に移り変わった。入植時、二十二世帯だった戸数も六十年を経て、現在は、十一世帯となった。

秋田県

秋田県能代市・東雲原開拓

アクセス

拓魂碑
戦後開拓地は、農耕の対象外だった山間僻地や軍用跡地が多かった。
秋田県能代市の東雲原(しののめはら)開拓地は元陸軍飛行場跡地で、1946(昭和21)年、引揚者・戦災者等144戸が入植した。内訳は、東雲開拓110戸、拓友開拓34戸。
不毛の原野で開拓者は、開墾に懸命の努力を続けた。開拓当初は畑作だったが、経営が不安定なため、水田化を目指した。入植から約25年でようやく、畑地が水田となった。複合で酪農、肉用牛などの畜産や野菜を組み入れた経営も増えた。
現在、水稲を中心とした営農が展開され、規模の大きさから、県内では重要な食糧基地となっている。
開拓記念碑は入植25周年記念事業として、71年に東雲・拓友入植者一同が建立したもので、碑銘は「拓魂碑」。50周年記念事業では、隣接して「平和祈念碑」が建立された。
拓魂碑の碑文には、「開拓者は徒手(としゅ)空拳(くうけん)で過酷な労働に直面し、暗い流汗と苦渋に満ちた開拓史の中で志半ばにして物故した者、或いは離農のやむなきに至った者等、その数決して尠しとしない」とあり、大変な苦労がうかがい知れる。

ここの情報を掲載した「開拓情報」

7月:秋田・東雲原

東雲拓友開拓
碑文 拓魂碑 揮毫 秋田県知事 小畑 勇二郎
開拓は戦後荒廃と困苦の中に、祖国再建の国策として実施され、此の国家的要請に応じて東雲原に入植した開拓者は一四五戸であった。其の多くは海外引揚者、被戦災者、復員者等でその土地も僻遠不毛の地で、営農と生活の基盤は皆無に等しい状態であった。
由来開拓は農業の創造的事業でありその推進には適切な施策を要する事は言は俟たないが、戦後必然的に発足した開拓にはその余裕がなく、開拓者は徒手空拳で過酷な労働に直面し、暗い流汗と苦渋に満ちた開拓史の中で志半ばにして物故した者、あるいは離農のやむなきに至った者等、その数決して尠しとしない。それにも拘わらず不撓の精進を続け今漸くその成果をみるに至った。
顧みれば草創以来既に二十有五星霜。嘗ての荒野は今や整斉とした四百五十余町歩の沃土と化し、現存する百二十五戸の同志は益々団結を強め模範的経営者として亦団体として、農林大臣賞の栄に浴した事は我等開拓者の努力の賜と聊か自負するところである。
茲に東雲原開拓者は入植二十五周年を記念し、更に今後の躍進を期する為拓魂不滅を信じて碑を建立するものである。

昭和四十六年十一月吉辰
東雲拓友 開拓入植者一同建之

関東地方

栃木県

栃木県那須町・千振開拓

開拓
全国開拓振興協会は会員の協力を得て、開拓の歴史・精神を記録する「開拓記念碑」の調査を実施している。
栃木県北部の那須町・千振(ちふり)開拓は、1946(昭和21)年、満州開拓引揚者73戸が入植。千振の名称は、満州開拓の地元の地名に由来する。第2の開拓に打ち込み、開墾。当初は陸稲、麦中心の畑作経営であったが、気象災害が多く、低収だった。そのため、畑は飼料作物を導入し、酪農に切り換えた。現在、日本でも有数の酪農地帯となっている。
開拓記念碑は入植から20年を迎えた66年の建立(こんりゅう)で、碑銘は「開拓」。碑文の末尾には、「二代三代さらに吾等の子孫がよき村人として立派な日本農民としてこの大地に育ちくれんことを。開拓は決して死なない」とある。(写真は栃木県開拓農協提供)

千 振
碑 銘  「開 拓」 栃木県知事 横 川 信 夫 書
規 模  高さ211cm  横307cm  厚さ15cm

ここの情報を掲載した「開拓情報」

5月:栃木・ 千振

①碑文 碑裏面 (原文は縦書き)
北満の東宮山に別れを告げ/ここ那須山の麓にたどりついたのが/昭和二十一年十一月/皆んな傷つき皆貧しかった/満州に失った千余名の愛し子兄/弟達のことを想ふと立つ力さえ抜/けていった
然しこの吾々を温く抱いてくれた/のはこの那須山と村の人々/力をふりしぼって松や櫟の根っ子と/取り組んだ月の光で荒地を拓き/そして麦を蒔いた出来たものは白穂/だけだった
それでもヘコタレないで拓きに拓いて/二十年那須山に今日もゆるやかに噴/煙がたなびき乳牛の声が緑の牧場/からきこえて来る傷ついた千振の/兄弟達がはげましあい力をあわせて/拓き造ったこの沃野だ
二代三代さらに吾等の子孫がよき/村人として立派な日本農民としてこの/大地に育ちくれんことを
開拓は決して死なない

昭和四十一年十一月
吉 崎 千 秋 記

②沿 革
設立 昭和23年6月1日
入植戸数 73戸
入植者の前身 満州開拓引揚者
現在も事務所を構えて存続、活動している

③所在地
那須町大字豊原丙千振

④立地状況
草地が広がる酪農地帯

⑤その他の記録等
栃木県開拓三十周年記念誌
「千振開拓 六十年のあゆみ」 千振開拓60周年記念事業委員会
「千振開拓 七十年のあゆみ」 平成28年11月に刊行

中部地方

石川県

石川県加賀市の開拓地、予科練生らが開墾

開拓記念碑
石川県には、戦後の開拓事業で約1500戸が入植し、79の開拓農協が設立され、開墾と営農が行われた。
県西部の加賀市には、六つの開拓農協があった。航空自衛隊小松基地(前身は、戦時中に建設された「小松海軍航空基地」)が小松市にある。西隣が加賀市で、同基地に近い一(いっ)白(ぱく)町(まち)~新保(しんぼ)町(まち)の丘陵地は、パイロットを養成する「小松海軍航空隊」の広大な軍用地だった。その跡地を中心に、緊急開拓事業が実施された。
同地区には、二つの開拓地がある。

一白開拓地
入植者は、同航空隊の海軍飛行予科練習生(予科練生)が主体だった。終戦後、そのまま住み着き、開墾を始めた。1945(昭和20)~65年、23戸が入植。当初は、バレイショなどの畑作だった。60年、近郊の農家と共同で土地改良事業を実施し、翌年、水田の造成・かんがい用水施設の整備を終えた。

新保開拓地
45~49年、20戸が入植。土地改良事業で水田が造成された。水田地帯に、新保開拓農協(63年解散)が建立した記念碑がある=写真。碑銘は「開拓記念碑」で、碑文には「防風保安林ノ開拓に着手シ初メテ此地ニ水稲ノ植附ニ成功セリ」と記している。

ここの情報を掲載した「開拓情報」

10月:石川・加賀市

新保開拓記念碑
①位 置 石川県加賀市新保町(36.375396, 136.368470)
②設置者 新保開拓農業協同組合
③設置日 昭和33年(碑文風化にため推定)
④碑文表 開拓記念碑
昭和○十年十一月新保○○防風保安林の開拓に着手し○和○九年六月初○て此の地に水稲の植付に成功せり
開拓面積田畑五十○○○○和○三年○○○○○成式を行い此の碑を建つ
新保開拓農業協同組合
⑤碑文裏 なし
⑥記念碑の現在の立地状況
田園地帯であるが、面積の大半がゴルフ場に開発されている。

富山県

富山県南砺市・利賀村開拓

開拓記念碑
富山県の南西部に位置し、岐阜県に接する南砺(なんと)市(し)利賀村(とがむら)は、標高1000㍍を超える山々がそびえる、南北に細長い地形。村域の約9割が山林で、県内屈指の豪雪地帯でもある。
戦後、山村農業経営の樹立にあたり、水田造成を必要とし、山林が開拓地として開放された。8地区に計37戸の入植があった。だが、山肌に階段式に開墾した耕地は狭く、食糧の自給自足は困難を極めた。また、東西の交通は峠道が唯一の経路だった。
53(昭和28)年、「新農村建設計画樹立指定村」として、農林省(当時)の選定を受けた。利賀村開拓農協を設立。西側の地区では大規模な開田計画が立案された。かんがい用水を、村の東側を縦断している百瀬川から導くため、峠を貫く800㍍超の水路を掘る大工事を完成させた。歩道が併設され、村の東西が結ばれた。
その後の拡幅工事で自動車も通れるトンネルとなった。その西口に68年、記念碑が建立された。碑銘は「開拓記念碑」で、裏に碑文が刻んである。末尾には、「言うは易く行うは難し 総ゆる苦難に打ち勝った開拓者の強固なる団結心で夢の美田は完成 あゝうれしきかな同志相計り溢るる喜びと偉業を讃えこの碑を建立する」とある。
なお、トンネルは廃道(新トンネルが開通)となったが、路面地下に用水路があり、現在も使用されている。記念碑の左側には用水施設がある。

ここの情報を掲載した「開拓情報」

9月:富山・利賀村

利賀村開拓記念碑
①位 置 富山県南砺市利賀村(36.454819, 137.030251)
②設置者 利賀村開拓農業協同組合ほか
③設置日 昭和43年8月
④碑文表 開拓記念碑
     ○○長 宮崎博至書
⑤碑文裏 銘版上

「衣食足つて礼節を知る」これが人生の根本理念であり、斯くあらしめることを施策の要諦とする
郷土の実態に即応し不断の努力を払われて来たのであるが、時恰も昭和二十八年 農林省新農村建設計画指定村として発足するや左の地区でそれぞれ開拓計画を立案され利賀村開拓農業協同組合を設立野原久吉 宮崎博至 野原清治が組合長となり現在に至る。
記 地区名 代表者

開拓総面積二百四十町歩である
就中利賀、岩淵地区は百十二町歩で百瀬川を利賀川筋へ導入する大事業を完成今や全村自給自足更に供出する等安定農家が創設され当初目標は完成す
言うは易く行うは難し総ゆる苦難に打ち勝った開拓者の強固なる団結心で夢の美田は完成あゝうれしきかな同志相計り溢るる喜びと偉業を讃えこの碑を建立する

銘版下
開拓記念碑寄付者芳名(いろは順)
金十五萬円 利賀村開拓農業協同組合
以下個人名
側面 昭和四十八年八月建之
⑥記念碑の現在の立地状況
記念碑奥のトンネル(現在は廃道)の路面地下に用水路(現在も使用している。)があり、山向こうの百瀬川を利賀谷に導水している。記念碑左の建物は用水施設。

新潟県

新潟県妙高市・大洞原開拓

開拓之碑
新潟県南西部に位置し、長野県に接している妙高(みょうこう)市関山は、国内有数の豪雪地帯。戦後、県内最大の入植があったが、残り得たのは25戸の大洞(だいどう)原(はら)開拓集落のみだった。
1946(昭和21)年、妙高山麓の標高600㍍の高冷地に入植したものの、厳寒のため49年に400㍍の現在地に移動。雪深い地域だったが、永住の地と定めた。広大な山野を控えながら稲作しかない地帯に、開拓者達はバレイショ原種栽培や高冷地抑制トマトなどの畑作園芸を取り入れ、酪農も興した。現在、高原の開拓地内では、トマト栽培など高冷地野菜を中心とした営農がされている。
開拓記念碑は87年、開拓地の集会所敷地内に建立された。碑銘は「開拓之碑」で、裏が碑文と入植者氏名となっている。碑文の後段には、「時代の変遷に伴い目的は夫れ夫れ変化しつつあるが開拓一世が残した足跡は厳然として存在するものである」と記してある。

ここの情報を掲載した「開拓情報」

6月:新潟・大洞原

大洞原開拓記念碑
①位 置 妙高市関山(36°54'59.7"N 138°12'31.3"E)
②設置者 入植者一同
③設置日 昭和62年
④碑文表 開拓之碑
⑤碑文裏
昭和21年妙高山麓の開拓として旧関山村五最地区に入植せるも諸種の事情により昭和24年春現在地を開拓し永住の地を定む
当時25戸の同志は現在23戸となり若干の変動はあったものの今も尚其の意志を継承す
時代の変遷に伴い目的は夫れ夫れ変化しつつあるが開拓一世が残した足跡は厳然として存在するものである
よって開拓40周年し後世に事業遂行の意義の一端の認知を期待するものである
昭和62年吉日 建之  23名の氏名
⑦記念碑の現在の立地状況
高原の開拓地の集会所敷地内に立地し、開拓地内はトマト栽培など高冷地野菜を中心とした営農がされている。

近畿地方

中国・四国地方

九州・沖縄地方

pagetop