公益社団法人全国開拓振興協会の講演会開催、海外研修事業、全国開拓青年女性研修会・全国開拓代表者大会、開拓営農振興事業を紹介しています。

お問い合わせ

03-3586-5843

開拓情報

平成30年発行(2018年)

12月15日号

p201812

当協会主催の本年度海外研修事業参加者一行が、11月18日早朝、羽田空港に到着。訪問先のオーストラリアとニュージーランドでの9日間の研修日程を終え、無事帰国した。(写真は、ニュージーランドのクイーンズタウンにて撮影)
・米国産牛肉の月齢制限撤廃へ (1面)
・「食料・農業 知っておきたい話」-72-(2面)
・開拓二世の体験を語り継ぐ 岩手戦後開拓物語(3面)
・安全な農作物を期待 食と農業の調査(4面)
・春夏どりニンジン べたがけ二重被覆で6月収穫(5面)
・豚舎の寒冷対策(6面)
・17年度畜産物生産費(7面)
・畜産物需給見通し(8面)

p201811

本年度の全国開拓青年・女性研修会が北海道で開催され、10月17日は、札幌市内の「北海道開拓の村」を視察研修した。明治から昭和初期に建築された道内各地の歴史的建造物を移築復元・再現した野外博物館。
・北海道で農事講演会開催(1面)
・〈特別寄稿〉日米FTA交渉の開始決まる(2面)
・18年度生乳生産量0.5%減少 Jミルク見通し(3面)
・食のバランスで「予防医療」(4面)
・雪害対策 チェックリストで保守管理徹底を(5面)
・性選別精液 経産牛の乳成分、授精牛選定指標に(6面)
・黒毛去勢 バイパスタンパク質給与で24ヵ月齢出荷(7面)
・畜産物需給見通し(8面)

10月15日号

P201810

戦後開拓地である大分県由布市挾間町石城川地区に入植し、開拓農家として肥育牛と果樹の複合経営を行っている、宇都宮農場の現在の経営主・宇都宮寿勝さんご夫妻と先代の父・康則さんご夫妻。

・日米、貿易協定交渉開始で合意(1面)
・「食料・農業 知っておきたい話-71-(2面)
・九州開拓青年部枝肉研修会(3面)
・「健康志向」過去最高に迫る 消費者動向調査(4面)
・施設イチゴ 効率的な炭酸ガスの局所施用(5面)
・ライムギ単播、イノシシ被害抑制(6面)
・開拓農家訪問 大分県・宇都宮農場(7面)
・畜産物需給見通し(8面)


9月15日号

IMG_0035

第36回全農酪農経営体験発表会が9月7日、都内で開かれ、大分県杵築市の戦後開拓地、西鹿鳴越地区の「たばた牧場」田畑修一さんが優秀賞・農水省生産局長賞を受賞した。
◆ 概算要求19%増の2兆7269億円(1面)
◆ 「食料・農業・知っておきたい話」-70-(2面)
◆ 19年度農林水産予算概算要求の重点事項(3面)
◆ 秋の農作業安全確認運動始まる(4面)
◆ 露地野菜・果樹の秋台風対策(5面)
◆ 性選別精液 発情発見後6~15時間が授精適期(6面)
◆ 黒毛去勢 暑熱期の飼料消化率低下抑制(7面)
◆ 畜産物受給見通し(8面)

8月15日号

p201808

全日本開拓者連盟(平嶋勝博委員長)は、7月10日、全開連会議室で18年度第1回全国開拓青年部役員会を開催し、新青年部役員に委嘱状を交付した。
◆ 食料自給率2年連続38% 農水省公表(1面)
◆ <特別寄稿> TPP11はTPP12より悪い(下)(2面)
◆ 全国青年・女性研修会は北海道で開催(3面)
◆ 経営耕地面積の拡大進む(4面)
◆ キャベツ 複数技術組み合わせ農薬半減(5面)
◆ 低体重哺乳子豚の発育改善(6面)
◆ 黒毛繁殖 体格別に適切な栄養管理 (7面)
◆ 畜産物需給見通し(8面)

7月15日号

201807

全日本開拓者連盟(平嶋勝博委員長)は、6月15日、農水省に上月良祐農水大臣政務官を訪ね、19年度の畜産・酪農政策等に関する要請を行った。
◆ 第6回定時総会開催 振興協会(1面)
◆ 協会・連盟総会での主催者挨拶(要旨)(2面)
◆ 海外研修参加者募集(3面)
◆ 「経営に関わりたい」女性2割(4面)
◆ レタス 不織布被覆でチョウ目被害軽減(5面)
◆ 乳房炎 目標定めて正しい対策を(6面)
◆ 18年畜産統計 (7面)
◆ 畜産物需給見通し(8面)

6月15日号

全日本開拓者連盟(平嶋勝博委員長)は、6月14日、東京赤坂の三会堂ビルで「19年度畜産・酪農政策並びに予算要請打合せ会議」を開催しました。

◆ 生乳の供給不足続く 18年度見通し(1面)
◆ 「食料・農業 知っておきたい話」-69-(2面)
◆ 農業発展へ世界需要も視野に 17年度農業白書(3面)
◆ 乳製品・野菜摂取で健康を(4面)
◆ タマネギ ハウス育苗時かん水作業省力化(5面)
◆ 豚舎の悪臭、水噴霧で対処(6面)
◆ 牛の暑熱対策 適切な飼養管理を (7面)
◆ 畜産物需給見通し(8面)

5月15日号

全国開拓振興協会は会員の協力を得て、開拓の歴史・精神を記録する「開拓記念碑」の調査を実施している。写真は栃木県北部・千振開拓の入植20年目に建立された開拓記念碑です。
◆ 新規事業の初年度交付額は1億3318万円 振興協会(1面)
◆ 「食料・農業 知っておきたい話」-68-(2面)
◆ 穀物等価格は横ばい推移(3面)
◆ 農業景況DI 過去最高値を更新(4面)
◆ 夏秋トマト 収量落とさず裂果軽減する技術(5面)
◆ 乳用牛 暑熱による乳量減少を抑制(6面)
◆ 黒毛去勢 濃厚飼料中TDN40%をECS代替 (7面)
◆ 畜産物需給見通し(8面)

4月15日号

p201804

JA全農・JAバンク主催、農水省後援による第12回JAグループ国産農畜産物商談会が3月14~15日、都内で開催され、開拓組織から2農協1生産法人が出店した。(写真は栃木県開拓農協のブース)。
◆ 開拓農家は推計4万3千戸 振興協会(1面)
◆ 「食料・農業 知っておきたい話」-67-(2面)
◆ GM不検出に厳格化 「遺伝子組み換えでない」表示(3面)
◆ 食の志向「経済性」が上昇(4面)
◆ リンゴ 細霧冷房で日焼け果対策(5面)
◆ 外来雑草の早期発見・防除を トウモロコシ栽培のポイント(6面)
◆ 黒毛去勢 出荷7日前からL-リジン飼料給与 (7面)
◆ 畜産物需給見通し(8面)

3月15日号

p201803

全日本開拓者連盟は2月14日東京・三会堂ビルで農水省との「畜産・酪農の振興に関する意見交換会」を開催した。
◆ 生産基盤の強化を 農水省との意見交換会 連盟(1面)
◆ 「食料・農業 知っておきたい話」-66-(2面)
◆ 17年農林水産輸出額7.6%増(3面)
◆ 65歳以上が依然8割 16年農作業死亡事故調査(4面)
◆ 低コストな米ぬか発酵肥料(5面)
◆ 畜舎は十分な休息スペースを確保(6面)
◆ マスキング資材の原液を床面設置 (7面)
◆ 畜産物需給見通し(8面)

2月15日号

P201802

◆ 開拓牛生産事業が50周年 全開連(1面)
◆ 18年度畜産物価格関連対策の概要(2面)
◆ 生乳生産量0.5%減を予測 Jミルク18年度見通し(3面)
◆ 野菜摂取量平均265.9gに低下 16年健康・栄養調査(4面)
◆ ニホンナシ補植 枯死樹跡でも生育良好(5面)
◆ 育成牛の乳頭腫症対策(6面)
◆ 牛床の乾燥を (7面)
◆ 畜産物需給見通し(8面)

1月15日号

p201801

福井県あわら市の坪江開拓地で開拓農家二代目として野菜苗・花苗を生産している石黒農園㈱の石黒重正さん。
◆ 18年度畜産物政策価格等を決定(1面)
◆ 「食料・農業 知っておきたい話」-64-(2面)
◆ TPP11で最大減収1500億円に 政府試算(3面)
◆ 多くの経営体で粗収益増 農水省経営統計公表(4面)
◆ アスパラガス 土壌pH改善で収量約3割増(5面)
◆ 農場臭気マップ作成 悪臭発生状況の確認に(6面)
◆ 黒毛和種 群入れ替えがストレス要因に (7面)
◆ 畜産物需給見通し(8面)
pagetop