公益社団法人全国開拓振興協会の講演会開催、海外研修事業、全国開拓青年女性研修会・全国開拓代表者大会、開拓営農振興事業を紹介しています。

お問い合わせ

03-3586-5843

開拓情報

平成29年発行(2017年)

12月15日号

p201712

開拓中央三団体主催の全国開拓代表者大会と全国開拓青年・女性研修会が11月14日、東京一ツ橋の如水会館で開催されました。
◆ 全国開拓代表者大会開催(1面)
◆ 同全国大会関連記事(2面)
◆ 「岩手戦後開拓物語」開催 (3面)
◆ 茶 4年ぶり増収増益に (4面)
◆ キャベツ 寒冷地でも6月収穫(5面)
◆ 乳牛 簡易装置餌寄せ装置考案(6面)
◆ 交雑去勢 牧草・トウモロコシ主体TMR給与  (7面)
◆ 畜産物需給見通し(8面)

11月15日号

p201711

当協会主催の17年度講演会事業は、11月2日栃木県の那須塩原市黒磯文化会館で講師に東大の鈴木教授をお招きし開催されました。
◆ 栃木県で日本の”農”講演会開催(1面)
◆ 「食料・農業 知っておきたい話」-62-(2面)
◆ 適正使用の取り組みを促進 薬剤耐性対策 (3面)
◆ 購入時重視「食物繊維」トップ (4面)
◆ 冬季ハウスの雪害対策(5面)
◆ 低コスト車輛消毒装置を開発(6面)
◆ 極遅刈イネWCS混合TMR給与 黒毛去勢短期肥育  (7面)
◆ 畜産物需給見通し(8面)

10月15日号

p201710

当協会主催の17年度海外研修事業は、9月17日から24日まで欧州3か国で実施されました。(写真はフランス・パリ近郊の野菜農家にて)
◆ 生乳生産2年連続前年割れ(1面)
◆ 「食料・農業 知っておきたい話」-61-(2面)
◆ 富澤さん(群馬)優秀・特別賞 全農酪農経営体験発表会 (3面)
◆「国産品を選ぶ」依然最多 17年度上半期消費者動向調査 (4面)
◆促成イチゴ 奇形果の発生抑えるハエ(5面)
◆ 乳牛 飼料用イネ5品種の部位別分解に大差(6面)
◆ 子牛・肥育牛 冬季飼養管理のポイント  (7面)
◆畜産物需給見通し(8面)

9月15日号

p201709

愛知県豊橋市の天伯原開拓地で1945年9月に入植し、現在キャベツを主に栽培する柴田農園の三代目隆夫さんと母のそくいさん。
◆ 農業競争力強化へ2兆6525億円 18年度農水予算(1面)
◆ 「食料・農業 知っておきたい話」-60-(2面)
◆ 18年度農林水産予算概算要求の重点事項(3面)
◆ 野菜類80.8%が過剰除去に 16年度消費生活の意識調査(4面)
◆開拓農家訪問 豊橋市天伯原開拓地 柴田農園(5面)
◆ トウモロコシサイレージ 刈取髙70㎝でTDN約3%向上(6面)
◆ 黒毛和種 肥育前期に粗飼料多給  (7面)
◆畜産物需給見通し(8面)

8月15日号

p201708

全日本開拓者連盟は7月12日、全開連会議室で17年度開拓青年部役員会を開催した。各ブロックの新青年部役員に委嘱状を交付し、今年度の全国大会・研修会について協議した。
◆ 主要畜産物の輸入枠拡大 農水省が説明会開催(1面)
◆ 「食料・農業 知っておきたい話」-59-(2面)
◆ 全国開拓代表者大会と合同開催 連盟、青年・女性研修会を協議(3面)
◆ 10ヵ国調査 緑茶の知名度トップは抹茶(4面)
◆ 露地・ハウス野菜の台風対策(5面)
◆ 牛白血病対策 感染まん延防止にPL検査も(6面)
◆ 黒毛和種 腹胸比1.15以上なら発育良好  (7面)
◆畜産物需給見通し(8面)

7月15日号

p201707

富士開拓農協は6月21日、通常総会終了後、特別記念講演会を開催した。写真は体験発表を行った開拓三世で酪農家の後藤康弘さん。
◆ 全国開拓振興協会 第5回定時総会開催(1面)
◆ 協会・連盟総会での主催者挨拶(2面)
◆ 「食料・農業 知っておきたい話」-58-(3面)
◆ 17年農業構造動態調査(4面)
◆ カンキツ 腐敗果・浮皮対策(5面)
◆ 乳牛 頸部冷却でDMI向上(6面)
◆ 17年畜産統計  (7面)
◆畜産物需給見通し(8面)

6月15日号

p201706

青森県上北郡六ヶ所村庄内地区の入植70周年記念式典並びに祝賀会が同村「スパハウスろっかぽっかで5月21日に挙行された。(写真は70歳以上の開拓者)
◆ 生産基盤強化へ新事業実施 開拓振興協会(1面)
◆ 「食料・農業 知っておきたい話」-57-(2面)
◆ 16年度 食料・農業・農村白書 (3面)
◆ 健康意識した食生活を実践7割(4面)
◆ 夏秋ナス 整技法で収量向上 (5面)
◆ 乳牛 夏期のTMR調製条件(6面)
◆ 牛の暑熱対策    (7面)
◆畜産物需給見通し(8面)

5月15日号

P201705

島根県大田市の三瓶開拓酪農協は4月14日、同市内の「国民宿舎さんべ荘」で、4回目の開拓一世を慰労する会を開催した。
◆ 全加工食品に原料原産地表示を 消費者庁説明会開催(1面)
◆ 「食料・農業 知っておきたい話」-56-(2面)
◆ 遺伝子組み換え食品表示見直し(3面)
◆ 農業景況DI過去20年で最高値(4面)
◆ 茶 新ロープ状製剤でハマキガ類を防除 (5面)
◆ 乾乳期にイアコーンサイレージ給与(6面)
◆ 牛トレサ、未だ届出不備多し(7面)
◆畜産物需給見通し(8面)

4月15日号

P201704

国産農畜産物や業務用食品・食材・機器などの専門展示会が4月12~14日、東京ビックサイトで開催された。写真は、全開連が出店したハラール製品の展示ブース。
◆ 生乳増産目指して推進 中酪 17年度需給安定化対策(1面)
◆ 「食料・農業 知っておきたい話」-55-(2面)
◆ 穀物等の国際価格は横ばい (3面)
◆ 「割高でも国産品を選ぶ」6割超(4面)
◆ カラーピーマン2本仕立て栽培 (5面)
◆ 乳牛 木材クラフトパルプ飼料給与(6面)
◆ 16年産牧草収穫量、5%減    (7面)
◆畜産物需給見通し(8面)

3月15日号

p201703

全日本開拓者連盟は2月14日、東京三会堂ビルで農水省との「畜産・酪農の振興に関する意見交換会」を開催した。同省各課から16年度補正予算や17年度予算概算等の説明が行われ、その後活発な意見が交わされた。
◆ 乳用後継牛対策の充実を・農水省と意見交換会開催(1面)
◆ 「食料・農業 知っておきたい話」-54-(2面)
◆ 16年農林水産輸出が過去最高 (3面)
◆ 春の農作業安全確認運動実施(4面)
◆ キュウリ長期1作型 収穫期間延長 (5面)
◆ 豚ふん堆肥化時の臭気抑制(6面)
◆ 黒毛子牛 代用乳給与は8週齢程度に    (7面)
◆畜産物需給見通し(8面)

2月15日号

p201702

前全国開拓振興協会会長の故・櫻井德一氏への叙位(従六位)・叙勲(旭日双光章)が決定し、2月9日栃木県那須町の櫻井氏宅で、関係者出席のもと、県経済流通課の野澤聡課長より位記・勲記・勲章が伝達された。(写真左が長男の和徳氏)
◆ 生乳生産量の減少傾向続く(1面)
◆ 「食料・農業 知っておきたい話」-53-(2面)
◆ 酪農の生産基盤強化策等示す 農業競争力強化プログラム(3面)
◆ 野菜・果物食べる頻度減少(4面)
◆ 春どりダイコン 省力的なべたかけ栽培(5面)
◆ 乳牛 竹粉、敷料に利用可能(6面)
◆ 黒毛和種 くず大豆で配合飼料5%代替可能(7面)
◆畜産物需給見通し(8面)

1月15日号

p201701

(一社)岩手県開拓振興協会(野原修一理事長)は、昨年11月17日、盛岡市の「ホテル大観」で、公益事業として企画した「岩手戦後開拓物語」を開催した。開拓一世・二世から苦難に満ちた開拓体験を語り継ごうという趣旨で、今年で5回目の開催となった。
◆ 農水省 17年度の畜産物価格等を決定(1面)
◆ 「食料・農業 知っておきたい話」-52-(2面)
◆ 17年度畜産・酪農関連予算案の重点事項(3面)
◆ すべての経営体で15年粗収益増加 経営類型別経営統計公表(4面)
◆ リンゴ園の下草管理 シロクローバーで病害虫の天敵保護 (5面)
◆ 大麦わら回収 切断長調整でロス約10%改善(6面)
◆ 15年度畜産物生産費 肉用牛で依然増加続く    (7面)
◆畜産物需給見通し(8面)
pagetop